ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

火曜生まれは気高く―あの歌を憶えていたら〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“あなたには家族がいるのよ。それもお兄さんが四人に、お姉さんと妹さん。六人もの肉親が…”トレント・エンタープライズ社長の養女として育ったミシェルは、相次いで養父母を亡くすという不幸に見舞われたが、養母の書き残した手紙を読んで、出生の秘密を知ることになった。わたしにきょうだいがいたなんて…。満ち足りた生活を送りながらも、どうしようもない寂しさを感じたことが何度もあった。みんなはわたしのことを憶えているかしら?ミシェルは行方不明のきょうだいを探す決心をし、私立探偵のトニー・ダレッサンドロを訪ねる。が、そこでまさか、彼の黒い瞳や輝くような笑顔に魅せられてしまうとは、思ってもいなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フェリス,ジーナ
アメリカ南部の自然と人をこよなく愛し、作品にもよく盛り込んでいる。ハーレクイン・テンプテーション並びにシルエット・スペシャル・エディションの代表作家の一人で、ジーナ・ウィルキンズ、ジーナ・フェリクス・ウィルキンズという名でも活躍中である。“あの歌を憶えていたら”シリーズのスピンオフが2000年6月と7月(N-821、N-825)にスペシャル・エディションより刊行されます(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アラビアの花嫁―華麗なる転身〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
従姉のエリカと同居していたフレディは、遊び回る従姉に代わって、彼女の子ベンの面倒を見てきた。だが、エリカの事故死でそんな暮らしが一変する。フレディはベンを自分の手で育てたいと願うものの、定職を持たないので生計を支える手段がなく、ベンの父親が送ってくる多額の養育費に頼る日々だ。思案に暮れるフレディの前にある日、見知らぬ男性が現れた。クアマール王国の皇太子ジャスパー・フセインなる人物で、ベンの父親の弟だという。「母親失格の君からベンを保護するのが僕の役目だ」驚くフレディに、皇太子は甥を国に連れて帰ると宣言した。わたしをエリカと間違えているんだわ。戸惑いつつも、ベンと別れたくないフレディはある奇策を思いついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ダンカンの花嫁―愛なき誘惑〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リース・ダンカンはもう女にはこりごりだった。情熱に負けてとんでもない女と結婚したために、離婚に際して財産の大半を失うほどの金を払わされた。先祖から受け継いだ牧場のすべてを失わずにすむよう、七年間、死に物狂いで働き、ようやくめどがついた今、跡を継いでくれる子供が無性に欲しかった。それには妻が必要だが、身近に女はいない。リースはやむなく花嫁募集の広告に頼ることにした。忠誠心と適性があれば、あとはどうでもいいのに、現れたのは、最も恐れていたタイプだった。なんでこんな美女が応募してくるんだ。すらりと伸びた華奢な体つき、温かな肌から匂い立つ香水が鼻孔をくすぐる…。彼の理性は即座に彼女とかかわりを持つことを禁じ、いったんは彼女を追い返したリースだったが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハワード,リンダ
数々の受賞歴を誇る、世界中で大人気の作家。栄えあるNYタイムズやUSAトゥデイのベストセラーリストにもしばしば顔を出す。作家デビューは三十歳のとき。現在はアメリカの作家大会や授賞式の席に常連の人気作家で、サイン会にもひっぱりだこである。とりわけ、彼女の描くヒーローが魅力的だというファンが多い。現在、生まれ故郷のアラバマ州に夫とともに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

そこにあなたがいて―嵐のごとく〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「あなたなんか大嫌い!顔も見たくないわ」「なぜそうつっかかる?ぼくはきみの後見人だぞ」「十年前、あなたはポーカーで父から牧場を奪い、そのうえ父を追放したわ。あなたって人はなんでも自分の思いどおりにする人なのよ」「ぼくでも思いどおりにできないことがある」「わたしは絶対あなたのものにはなりませんからね」メガンはありったけの憎しみをこめてジェブをにらんだ。ずっと面倒をみてもらったのは感謝しているけれど、わたしはこんな傲慢で利己的な人間を許しはしないわ。だが、事件に巻き込まれ、瀕死の重傷で敵の手中に落ちた彼女のたったひとりの兄をジェブは命がけで救ってくれた。「よかったな、助かって」ジェブにそっと抱きしめられ憎いはずの男の胸の中で、メガンは初めて涙を流した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイジャー,アン
生粋のテキサス人で、英文学とスペイン文学の修士号を持ち、二年間教師をしていたこともある。英語、スペイン語はもちろん、フランス語も堪能。作家としての輝かしいキャリアに加え、三十年続けてきたピアノのほうもプロ並みの腕前。旅行に行くのが好きで、趣味は夫とコロラド山中をハイキングすることだという(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

抱きしめて―クリスティン・リマー傑作集〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
あれは、まちがいなくジョーの車。買い物をすませて町から帰ってくると、クレアの経営するモーテルの前に見覚えのある車がとまっていた。子供のころからあこがれ続けてきた彼と、初めて結ばれた、あの六週間前の夢のような一夜。でも彼は、もう会うべきではないと言って去っていった。そのジョーが、なぜ突然現れたのかしら。彼は私の秘密を知ってしまったの?今夜妊娠テストをしてみるつもりだけれど、もしかしたら私は彼の子供をみごもっているかもしれないのだ。しかし、ロビーで待っていたジョーはだしぬけに、「アラン・ヘンソンとはつきあわないでほしい」と言った。私の愛をずっと拒んでおきながら、他の男とはつきあうななんて、ジョーにそんなことを言う権利はないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リマー,クリスティン
オクラホマ州に家族とともに住む。ロマンス作家になるまで、女優、店員、ビルの管理人など実にさまざまな職業を経験している。近年、ロマンティックタイムズ誌で賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

危険な恋のドライブ―生涯に一度の愛を〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父の家を出たばかりのヤンシー・ドーキンズは、従兄の仲介で大企業の運転手として働き始めた。ある日、ベンツを走らせていた彼女はガソリン不足に気づき、給油しようと隣の車線を強引に横切った。とたんにクラクションがけたたましく鳴り響き、衝突しかけたアストンマーチンが追いかけてくる。車から降りて無茶な運転を非難する男性に、冷や汗をかきながらも、ヤンシーは言い放った。「何よ、うるさいおじさんね!悪いのはあなたよ」彼は激怒し、あとで話をつけよう、と言い残して立ち去った。次の日、初めて社長室に呼ばれたヤンシーは、仰天した。あ、あなたはきのうの…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スティール,ジェシカ
イングランド中部の田舎に、七人兄弟の六番目に生まれた。公務員として働きながら小説を書き始める。夫の励ましを得て作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時は、やさしく―未来から来た恋人〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
故郷も、家族も、自由さえも捨てさせて、兄を奪ったのは、いったいどんな女性なんだろう?ジェイコブ・ホーンブローワーは二年という歳月をかけて、兄の居所をつかみ、正確に目的の場所に到着した。その、雪のオレゴン州クラマス山中の山小屋では、サニー・ストーンがひとりで姉夫婦の留守を預かっていた。二十三歳になるのに自分の進むべき道が見つからず、彼女は、なにか大きなことがしたいと模索中だった。そんなところへ突然現れたジェイコブという男。実に不可解な存在で、義兄の弟だというけれど…。サニーは知る由もなかった―彼が、兄を連れ戻すために時空をこえてタイムトラベルしてきた、二十三世紀の人間だということを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州で育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間十四作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

結婚に向かない女?―ブライダル・ブーケ〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブライダルブーケは花嫁の手を離れ、宙に舞った。次の瞬間、三人の女性が同時にブーケを手にしていた。花嫁の継母クレアもそのひとりだった。年の離れた夫が亡くなって二年、まだ三十四歳の未亡人クレアは、ボランティアの仕事をしながら静かに暮らしている。ブーケにまつわる言い伝えなど信じない。私は再婚などしないわ。誰かと親密な関係になることなど考えられないもの。なぜなら…。ところが、義理の妹に頼みこまれてやむを得ず、クレアはアメリカ人男性を下宿させることになってしまった。義妹の夫の上司であるその男性の名はブラッド。だが正式に彼と引き合わされたとき、クレアの顔から血の気が引いた。ブラッドはその日、公園で、強引にクレアの唇を奪った男性だった。

内容(「MARC」データベースより)
花嫁の手を離れたブーケを手にしたクレアは、未亡人の静かな暮らしを送っている。ブーケの迷信を信じない彼女だが、義理の妹に頼まれて下宿させることになった男性と会った時、顔から血の気が引く。〈ソフトカバー〉 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

愛を約束された町〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『最初で最後のラブレター』―ネルは夫を事故で亡くしたあと、懸命に牧場を守ってきた。ある嵐の近づいた日、町の風景を撮る男性に出くわした彼女は、大声で注意して帰路を急いだ。その夜、荒れ狂う雨と強風のなか、宿泊先を求めて牧場を訪ねてきたのはあの男性だった。『祝福の歌が聞こえる』―恋をなくし、生きる希望も失ったエイミーはそれまでの生活を捨ててプロミスの町にやってきた。ここで新しい暮らしを始めよう。教会を見つけて中に入り、旅の疲れからうたた寝をしていると、牧師のウェイドに起こされる。「なにか僕にできることはありませんか?」家と仕事、そして新しい恋がほしい…。

内容(「MARC」データベースより)
夫を事故で亡くしたあと、懸命に牧場を守ってきたネルは、ある嵐の近づいた日、町の風景を撮る男性に出会う-。2000年刊「最初で最後のラブレター」と「祝福の歌が聞こえる」の合本。

危険なハネムーン―孤独な兵士〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
書店を経営するダニーは、メキシコでの休暇中にハンサムなエリックと出会い、恋に落ちた。「あなたがほしいの」彼女は弱々しい声でいった。「ぼくの思いは、きみより強烈だ。いまここで、きみを妻にすることを誓うよ。あした教会へ行こう」エリックの言葉に心を打たれ、ダニーは大粒の涙を流した。ところが、夫婦になっても、エリックは軍関係の仕事をしているということ以外、なにも自分のことを話そうとしない。ダニーはしだいに、かれに秘密のにおいを感じはじめる。わたしは利用されているだけなのかしら…でも、なんのために。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パーマー,ダイアナ
多作なロマンス作家。かつては新聞記者として毎日が締め切りの生活を経験したことから、執筆が滞ることがなく、平均して二カ月に一冊の割合で新しい作品を仕上げている。家族は夫と息子の三人。夫とは出会って一週間で結婚した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

oooおいしいくだものメニューooo IIS設定備忘録ooo ショッピング 検索ooo 下町感溢れる足立区を調べるooo ラッキーショッピングooo あまーい千葉スイーツタワーooo ~新宿 Live House~ooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 千葉県の自然ooo 夏はプールだ千葉特集ooo メイドの土産.comooo A&Dooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 歴史千葉ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 千葉県の施設ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo